日刊コンピ指数のランクが4位以上(人気薄)の時に、狙える厩舎と騎手の組み合わせを調べてみました。穴馬探しの参考になるかと思います。

検証期間 2012年~2017年の6年間

ランク4位以上の時に単勝確率が高い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に単勝確率が高い厩舎と騎手の組み合わせ

日刊コンピ指数のランクが4位以上(人気薄)の時、厩舎と騎手の組み合わせで、単勝確率の高い組み合わせ上位30位です。生起数10以上を対象としています。
2012年から2017年の6年間に、小澤厩舎に柏木騎手が騎乗、なおかつ日刊コンピ指数の馬ランクが4位以上ケースは19回あり、そのうち単勝馬券になったのが5回(単率26.3%)となっていました。
上の表は単勝確率の高い組み合わせですが、逆に単勝確率の低い組み合わせも調べてみます。

ランク4位以上の時に単勝確率が低い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に単勝確率が低い厩舎と騎手の組み合わせ

単勝確率0%の組み合わせです。
日刊コンピ指数ランクが4位以上で、1度も単勝馬券にならなかった組み合わせで、生起数50以上を表示しています。

2012年から2017年の6年間に、拓榴浩樹厩舎の馬に見超騎手が騎乗して、なおかつ日刊コンピ指数ランクが4位以上の時が162回。全て単勝馬券になっていませんでした。

単勝の穴馬になりにくい組み合わせとも言えます。

ランク4位以上の時に連対確率が高い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に連対確率が高い厩舎と騎手の組み合わせ

日刊コンピ指数のランクが4位以上(人気薄)の時、厩舎と騎手の組み合わせで、連対確率の高い組み合わせ上位30位です。生起数10以上を対象としています。
2012年から2017年の6年間に、椎名厩舎に中野騎手が騎乗、なおかつ日刊コンピ指数の馬ランクが4位以上のケースは15回あり、そのうち連対したのが7回(連対率46.7%)となっていました。
上の表は連対確率の高い組み合わせですが、逆に連対確率の低い組み合わせも調べてみます。

ランク4位以上の時に連対確率が低い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に連対確率が低い厩舎と騎手の組み合わせ

生起数30以上で、連対確率が0%だった組み合わせです。
日刊コンピ指数ランクが4位以上で、1度も連対しなかった組み合わせです。生起数30以上を対象としています。
2012年から2017年の6年間に、宮下厩舎の馬に柿本騎手が騎乗して、なおかつ日刊コンピ指数のランクが4位以上だった時が144回。全て連対しませんでした。
日刊コンピ指数のランクが4位以上で、この組み合わせだったら馬連のヒモには消去したいですね。

ランク4位以上の時に複勝確率が高い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に複勝確率が高い厩舎と騎手の組み合わせ

日刊コンピ指数のランクが4位以上(人気薄)の時、厩舎と騎手の組み合わせで、複勝馬券に絡む確率の高い組み合わせ上位30位です。生起数10以上を対象としています。
2012年から2017年の6年間に、林正人厩舎に矢野貴之騎手が騎乗、なおかつ日刊コンピ指数の馬ランクが4位以上のケースは10回あり、そのうち複勝馬券に絡んだのが9回(複勝率90.0%)となっていました。
上の表は複勝確率の高い組み合わせですが、逆に低い組み合わせも調べてみます。

ランク4位以上の時に複勝確率が低い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に複勝確率が低い厩舎と騎手の組み合わせ

日刊コンピ指数ランクが4位以上の人気薄で、複勝馬券に絡まなかった組み合わせです。生起数20以上を対象にしています。
2012年から2017年の6年間に、宮下貴明厩舎の馬に柿本騎手が騎乗して、なおかつ日刊コンピ指数ランクが4位以上だった時が144回。全て着外でした。
日刊コンピ指数のランクが4位以上で、この組み合わせだったら馬券から外す方が賢明です。

ランク4位以上の時に単勝期待値が高い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に単勝期待値が高い厩舎と騎手の組み合わせ

単勝期待値の高い組み合わせです。生起数30以上で単率10%以上を対象としています。

2012年から2017年の6年間で蛯名雄太厩舎の馬に繁田騎手が騎乗して、なおかつ日刊コンピ指数ランクが4位以上だったケースが36回。その36回の単勝馬券を均等に買っていたら、投資金が4.23倍になっていました。
同様に複勝馬券もしらべてみました。

ランク4位以上の時に複勝期待値が高い厩舎と騎手の組み合わせ

ランク4位以上の時に複勝期待値が高い厩舎と騎手の組み合わせ

複勝期待値の高い組み合わせです。生起数30以上で複勝確率20%以上を対象としています。

2012年から2017年の6年間で内田勝義厩舎の馬に笹川騎手が騎乗して、なおかつ日刊コンピ指数ランクが4位以上だったケースが31回。その31回で複勝馬券を均等に買っていたら投資金が2.24倍になっていました。

以上、日刊コンピ指数のランク4位以上の時の厩舎と騎手の組み合わせを調べてみました。

単・連・複の確率の高い組み合わせは、穴場探しに使えそうです。逆に、確率の低い組み合わせは、消去の判断につかえそうです。

たとえば、複数のヒモから点数を絞る時など、確率の低い組み合わせの馬を消去するとか・・

厩舎と騎手の組み合わせは、結構おもしろい結果が見えたので、更に違う角度から検証してみようと思います。

スポンサーリンク