日刊コンピ指数の馬指数がランク1位の場合、単勝36.5% 連対率55.6% 複勝率67.5%と高い数値となっていますが、それを下回る厩舎を調べてみました。

統計期間:2015~2017年の3年間
生起数15以上を対象

まずは単勝馬券から。

■ 日刊コンピ指数がランク1位の時に単勝確率の低いワースト30厩舎

日刊コンピ指数ランク1位の時に狙えない厩舎

表の見方
日刊コンピ指数の馬指数がランク1位の時に単勝確率の低いワースト厩舎です。
例えば、堀江厩舎の場合、2015年~2017年の3年間で、日刊コンピ指数ランク1位馬を29頭出走させていますが、そのうち、3頭が1着になっています。逆にいえば29頭のうち26頭が人気をうらぎっていたということです。

連対率ではどうでしょうか。

同様に連対確率も調べてみました。
■ 日刊コンピ指数がランク1位の時に連対確率の低いワースト30厩舎
日刊コンピ指数ランク1位の時に狙えない厩舎

年間平均的中率の55.6%を大幅に下回る厩舎もいますね。
武井厩舎は人気になっても信頼できませんね。逆にいえば、武井厩舎が人気になったときは荒れるレースになる予想も立てられますね。

■ 日刊コンピ指数がランク1位の時に複勝確率の低いワースト30厩舎
日刊コンピ指数ランク1位の時に狙えない厩舎

上位4厩舎は日刊コンピ指数ランクが1位でも、半分以上は馬券になっていないのですね。

では、期待値はどうでしょう。

■ 日刊コンピ指数がランク1位の時に単勝期待値の低いワースト30厩舎

日刊コンピ指数ランク1位の時に狙えない厩舎

日刊コンピ指数ランク1位の時に単勝を買っても半分も帰ってこない厩舎が3つもありますね。

■ 日刊コンピ指数がランク1位の時に複勝期待値の低いワースト30厩舎

日刊コンピ指数ランク1位の時に狙えない厩舎

単勝ほどではないにしろ、複勝でも人気を裏切る厩舎は多いですね。
このあたりの厩舎は注意しておきたいですね。

コメントを残す