騎手の乗り替わり時、着外になる確率の高い組み合わせを調べてみました。
騎手の乗り替わり着外になる確率の高い組み合わせ1
表は2012~2013年の2年間、騎手の乗り替わり時のデータです。
岡田一男厩舎の場合、橋本騎手に乗り替わったのが30回あり、内、単連複いずれも0回。佐々木功厩舎では、町田騎手に乗り替わった時が38回で複勝1回のみでした。馬券の購入点数を減らす時など、消去馬の候補として使えるかもしれません。
では、どうせ消去目的なら、人気薄に絞ってみるとどうでしょう。
下の表は日刊コンピ指数の馬指数ランクが4以上の時の乗り替わりデータです。
騎手の乗り替わり着外になる確率の高い組み合わせ2

よく見ると、着外になる確率の高い組み合わせと殆ど同じ組み合わせですね。
結局、「着外になる確率の高い組み合わせ」の馬は、殆ど人気薄だったのがわかります。