南関競馬の日刊コンピ指数、馬指数ランク1位馬は、レースの条件によって信頼度が変わるのでしょうか。
2014~2016年の3年間、南関競馬ついて調べてみました。
クラス 生起数 単勝数 単率(%) 連対数 連率(%) 複勝数 複率(%)
OP 275 110 40.0 176 64.0 202 73.5
A1 0 0 0.0 0 0.0 0 0.0
A2 124 41 33.1 61 49.2 78 62.9
A3 0 0 0.0 0 0.0 0 0.0
B1 186 63 33.9 103 55.4 119 64.0
B2 345 119 34.5 176 51.0 222 64.3
B3 378 117 31.0 199 52.6 248 65.6
C1 1164 399 34.3 610 52.4 754 64.8
C2 2191 742 33.9 1122 51.2 1397 63.8
C3 1857 659 35.5 1025 55.2 1253 67.5
2歳戦 749 311 41.5 457 61.0 526 70.2
3歳戦 1809 670 37.0 1028 56.8 1239 68.5
4歳戦 39 17 43.6 27 69.2 29 74.4
表は、レース条件別の、日刊コンピ指数のランク1位馬の結果です。
OPはオープン競走
A2クラスのレースは124レースあり、日刊コンピ指数のランク1位は単勝41回、連対61回、複勝78回という結果でした。
クラスが上になるにしたがって、コンピ指数1位の信頼度は上がってくるようですね。
では、期待値はどうでしょう
クラス 生起数 単勝期待値 単平均配当 複勝期待値 複平均配当
OP 275 0.84 2.1 0.91 1.2
A1 0 0.00 0.0 0.00 0.0
A2 124 0.71 2.2 0.78 1.2
A3 0 0.00 0.0 0.00 0.0
B1 186 0.69 2.0 0.80 1.2
B2 345 0.84 2.4 0.83 1.3
B3 378 0.76 2.4 0.88 1.3
C1 1164 0.82 2.4 0.84 1.3
C2 2191 0.80 2.4 0.83 1.3
C3 1857 0.83 2.3 0.86 1.3
2歳戦 749 0.86 2.1 0.87 1.2
3歳戦 1809 0.83 2.2 0.87 1.3
4歳戦 39 0.86 2.0 0.87 1.2
確率と同様、期待値もクラスが上になるに従って上がってくるようです。