南関競馬の日刊コンピ指数90馬の研究

日刊コンピ指数の指数90の馬は、高い確率で馬券に絡んできます。

2018年から2020年の3年間、日刊コンピ指数の90馬が出走したレースについて調べてみました。

以下の表は、3年間で90馬が出走した全989レースの単勝確率の結果です。

■ 単勝確率

南関競馬コンピ指数 2018年-2020年 90馬の出走レース レース数 989

Rank 全体単率(%) 90馬出走時単率(%)
1(90馬) 38.2 62.7 24.49
2 19.2 11.3 -7.85
3 12.2 7.5 -4.76
4 8.9 6.0 -2.97
5 6.4 3.6 -2.76
6 4.8 2.9 -1.85
7 3.4 1.9 -1.47
8 2.6 1.4 -1.17
9 2.1 1.6 -0.42
10 1.3 1.6 0.26
11 1.1 0.1 -0.93
12 0.7 0.2 -0.52
13 0.7 0.4 -0.22
14 0.8 0.0 -0.79
15 0.2 0.0 -0.23
16 0.4 0.0 -0.37

上の表は2018~2020年の3年間、南関競馬の日刊コンピ指数の統計です。
全体単率(%)は2018年~2020年の3年間の全レースにおける、日刊コンピ指数のランク別単勝確率です。
90馬出走時単率(%)は、3年間で90馬が出現したレース(989レース)においての単勝確率です。

単勝確率をみると、90馬が62.7%と、全体の統計よりも24.5%もUPしており、その分、2番人気以降の確率は低くなっています。

次に単勝期待値を調べてみました。

単勝期待値
南関競馬コンピ指数 2018年-2020年 90馬の出走レース レース数 989

Rank 全体期待値 90馬出走R期待値
1(90馬) 0.83 0.87 0.04
2 0.82 0.73 -0.09
3 0.77 0.69 -0.07
4 0.79 0.71 -0.08
5 0.79 0.62 -0.17
6 0.76 0.56 -0.20
7 0.70 0.39 -0.31
8 0.69 0.46 -0.23
9 0.82 0.76 -0.06
10 0.76 1.11 0.35
11 0.56 0.05 -0.51
12 0.43 0.28 -0.15
13 0.34 0.51 0.17
14 0.63 0.00 -0.63
15 0.21 0.00 -0.21
16 0.40 0.00 -0.40

単勝馬券の期待値ですが、90馬自体が0.04と少しですがUPしていることですね。2番人気以降では10番人気と13番人気が、期待値が上がっていますが、これは少ない単勝数に高配当が重なったもので、単勝数の母数が増えれば、マイナスになっていくのが想像できます。


こうしてみると、90馬が出現したレースにおいて、単勝馬券というのは狙いづらいような気がします。すくなくとも、今の時点では、90馬の出現レースでは、単勝馬券は避けたいというのが率直な印象です。

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事