南関競馬の日刊コンピ指数90馬の研究
2016年から2018年の3年間、コンピ指数90馬が出現したレース、全1003レースを対象にワイド馬券の組み合わせを調べてみました。

南関競馬コンピ指数 2016年-2018年 90馬の出走レースワイド統計 レース数 1003

Wide組 生起数 的中数 的中率(%) 期待値
1-2 1003 421 42.0 0.80
1-3 1003 326 32.5 0.77
1-4 1003 256 25.5 0.77
1-5 999 199 19.9 0.78
1-6 986 157 15.9 0.75
1-7 963 138 14.3 0.95
1-8 933 84 9.0 0.79
1-9 876 54 6.2 0.70
1-10 785 41 5.2 0.81
1-11 655 35 5.3 1.07
1-12 458 10 2.2 0.44
1-13 215 4 1.9 0.21
1-14 144 3 2.1 0.38
1-15 39 1 2.6 0.78
1-16 28 0 0.0 0.00

Wide組は指数順位の組み合わせです。1-2は1番人気と2番人気の組み合わせです。つまり、90馬と2番人気の組み合わせです。

では、90馬が出走したレースは全体のレースと比較してどのくらい的中率が上がるのか。

Wide組 生起数 全体的中率 90馬出走レースの
的中率
1-2 1003 33.1 42.0 8.9
1-3 1003 26.0 32.5 6.5
1-4 1003 20.8 25.5 4.7
1-5 999 15.4 19.9 4.6
1-6 986 12.2 15.9 3.8
1-7 963 9.9 14.3 4.5
1-8 933 7.1 9.0 1.9
1-9 876 5.3 6.2 0.8
1-10 785 3.9 5.2 1.3
1-11 655 3.2 5.3 2.1
1-12 458 2.4 2.2 -0.2
1-13 215 1.7 1.9 0.2
1-14 144 1.9 2.1 0.1
1-15 39 1.2 2.6 1.3
1-16 28 0.5 0.0 -0.5

全体的中率は2016年から2018年の全レースでの的中率。90馬出走レースの的中率は2016年から2018年の3年間で90馬が出走したレース(1003R)の的中率です。

例えば、ランク1-2の組み合わせは、2016年から2018年の3年間では、33.1%の的中率ですが、ランク1位が90馬だった場合に限ると1003レースあり、その時のランク1-2の組み合わせワイドの的中率は42.0%となっていました。

全体的に的中率は上昇しています。
では、期待値はどうか。

Wide組 生起数 全体期待値 90馬出走レースの
期待値
1-2 1003 0.77 0.80 0.03
1-3 1003 0.79 0.77 -0.01
1-4 1003 0.80 0.77 -0.03
1-5 999 0.77 0.78 0.01
1-6 986 0.78 0.75 -0.04
1-7 963 0.79 0.95 0.16
1-8 933 0.78 0.79 0.01
1-9 876 0.80 0.70 -0.10
1-10 785 0.76 0.81 0.06
1-11 655 0.82 1.07 0.25
1-12 458 0.74 0.44 -0.30
1-13 215 0.54 0.21 -0.33
1-14 144 0.84 0.38 -0.45
1-15 39 0.78 0.78 0.00
1-16 28 0.33 0.00 -0.33

期待値はさほど目立った組み合わせは無いように見えます。あえてなら、7番人気と11番人気へのワイドでしょうか。7番人気と11番人気は、なにかとポイントになる馬で、ここでもわずかながら期待値の上昇がみられました。