90馬出走レースの3連複馬券

2016年~2018年の3年間、南関競馬で日刊コンピ指数が90の馬が出走したレースの3連複馬券について調べてみました。

南関競馬コンピ指数 2016年-2018年 90馬出現レース 3連複基本データ レース数 1003

南関競馬コンピ指数 2016年-2018年 90馬出現レース 3連複基本データ レース数 1003

表は2016~2018年の3年間、南関競馬において、日刊コンピ指数90馬が出走したレース、1003レースの90馬を軸とした3連複の基本統計です。的中率1.0%以上の組み合わせだけをピックアップしています。

23点の組み合わせで、その合計的中率が75.3%。生起数の少ない1-2-15の組み合わせを除いても22点で75.2%。3連複を22点買いで74%の的中なら良い数値かと思うのですが、それでも期待値が1を超えるわけではありません。1-4-5や1-4-7の組み合わせなどは期待値が良さそうですけどね。母数が多くなれば平均化されていくはずです。

上の表は2016~2018年の3年間、日刊コンピ指数のランク1位を軸とした3連複の組み合わせと、ランク1位が90馬の時とを比べて、的中率・期待値共にアップしている組み合わせです。

例えば1-2-3の組み合わせの場合、3年間で的中率は9.9%、そのうち、ランク1位が90馬だった場合に限ると的中率は12.5%となり、その差は2.5%アップしています。期待値も同様に、1-2-3.の組み合わせの期待値は0.76ですが、ランク1位が90馬だった場合は0.84と、その差0.09アップしています。

では、更に絞ると

表は上記の表から生起数の少ない組み合わせと、的中率1.0%未満の組み合わせを除いたもの。
14点で的中率合計が55.9%。期待値は平均0.91と1を超えることはできませんが、この組み合わせから、的中率や期待値の高い組み合わせなどに馬券をしぼっていけたら面白いかもしれません。