yosou

スピード指数の算出方法は様々な方法がありますが、基本的には過去の走破タイムに馬場状態や斤量、レース条件などで補正して算出するものが多いですね。

今回は、過去に出走したレースごとに基準タイムを求め、実際の走破タイムと比較したものをスピード指数としてみました。実際には基準タイムを求める際に馬場状態やレース条件などの細かな補正を行っていますが、それは後ほど説明します。

基準タイム-実際の走破タイム

これが、これから行う基本的なスピード指数の算出方法です。基準タイムは、そのレースにおいて連対する馬の推定走破タイムです。その推定走破タイムと実際の走破タイムを比較すれば、着順に関係なくどのような能力で走ったかが判るという考えです。

スピード指数の

例えば、ある馬の前3走を例にとると、3走前の1月2日4レースの基準タイムは59.4秒。実際の走破タイムは59.3秒でした。基準タイムより0.1秒早く走ったこととなり、距離などで補正するとスピード指数は8.1という数値がはじき出されます。同様の計算を過去の出走レースをさかのぼって計算すれば過去のレースでどのような能力で走ったかが判るわけです。

過去にさかのぼって計算したスピード指数の使い方は様々です。近走の能力を探るなら過去3走位の平均値を計算する。その馬の底力を見るなら、最高値のスピード指数を参考にする。調子の上下を見るならスピード指数の推移を調べるとか、いろいろ応用が出来そうです。