馬場状態、レース種別、競走種別、クラスの4つから基準タイムを算出する係数を出してみました。

では、この4つのカテゴリーの中で、走破タイムに最も影響するカテゴリーはどれか。

それには、各カテゴリーの最大スコアから最小スコアを引いてレンジを割り出せば、走破タイムに影響する度合いがわかります。

例えば、馬場状態の場合、最大スコアは良馬場の0.1550 最小スコアは重の-0.1492ですから

0.155-(-0.1492)=0.304

となります。この数値が、各カテゴリーの走破タイム影響する度合いと考えます。

同様に計算したのが以下の表です。

カテゴリー Max-Min レンジ
馬場状態 0.1551 – (-0.1489) 0.3042
レース種別 1.0305 – (-0.2846) 1.3150
競走種別 0.7667 – (-0.0888) 0.8810
クラス 1.6916 – (-1.4290) 3.1228

最も走破タイムに影響のあるのが、クラスで3.1228でした。クラスによって走破タイムが違ってくるのは納得しますが、馬場状態の影響度が低いのが以外に思えました。

一応、2016年と2017年の南関競馬全レースを対象に、馬場状態別の平均タイムを調べてみました。

1500Mのコースを競馬場と馬場状態別に、連対馬の走破タイムの平均を算出したのが以下の表です。

1500 M 稍重 不良
浦和 97.8 98.0 97.9 98.5
船橋 98.8 99.3 98.9 98.5
大井 98.5 98.2 98.9 98.2
川崎 97.5 98.0 98.5 98.9

浦和競馬場の1500M、良馬場での平均タイムは97.8秒、不良馬場では98.5秒でした。

同様に1600Mでは

1600 M 稍重 不良
浦和 103.5 103.6 106.6 104.2
船橋 104.6 104.5 104.4 104.1
大井 104.0 104.3 104.3 104.3
川崎 104.5 104.9 105.6 105.7

川崎競馬場の連対馬の走破タイム平均は、良馬場では104.5秒(1分44秒5)、不良馬場では105.7秒(1分45秒7)。

馬場状態が良いほど、好タイムが出ると思っていたのですが、芝と違い、ダートはさほど走破タイムに影響が無いのかもしれません。