南関競馬の日刊コンピ指数 ランク1位の信頼度を検証

南関競馬の日刊コンピ指数、馬指数ランク1位馬は、頭数によって信頼度が変わるのでしょうか。

2016~2018年の南関競馬、9331レースについて調べて見ました。

※コンピ指数1位馬が出走取り消し等の時を除く
※2016年1月2日・2017年1月2日・2018年1月2日を除く

少頭数になればなるほど単連複の確率は上がるはずですが、実際はどうでしょう。

南関競馬コンピ指数 2016年-2018年 1番人気頭数別データ 有効レース数 9331R

頭数は5頭~16頭、少頭数になるにつれて馬券になる確率は大きくなっていきました。では、配当や期待値はどうでしょう

予想通りの結果でしょうかね。頭数がすくなくなれば、馬券になる確率も大きくなりますが、それに反比例して配当は低くなっています。単複ともに期待値に表れていると思います。