2015~2017年の3年間、南関競馬の日刊コンピ指数の馬指数がランク3位以下(1位~3位)の時、単勝確率22.6% 連対確率40.3% 複勝率53.3%という数値となっていますが、その確率を下回る、人気を裏切る厩舎を調べてみました。

統計期間:2015~2017年の3年間
生起数15以上の厩舎を対象

■ 日刊コンピ指数ランク1位2位3位の時に単勝確率の低い厩舎ワースト30

日刊コンピ指数ランク3位の時に狙えない厩舎

1位の鈴木勝文厩舎の場合、2015年から2017年の3年間に日刊コンピ指数のランクが1位から3位の馬を29頭出走。そのうち1着は0。立花厩舎は41頭出走で1着が1頭のみ。かなり信頼のおけない厩舎です。

同様に連対確率と複勝確率も調べてみました。

■ 日刊コンピ指数ランク1位2位3位の時に連対確率の低い厩舎ワースト30

日刊コンピ指数ランク3位の時に狙えない厩舎

■ 日刊コンピ指数ランク1位2位3位の時に複勝確率の低い厩舎ワースト30

日刊コンピ指数ランク3位の時に狙えない厩舎

では期待値はどうか。

■ 日刊コンピ指数ランク1位2位3位の時に単勝期待値の低い厩舎ワースト30

日刊コンピ指数ランク3位の時に狙えない厩舎

■ 日刊コンピ指数ランク1位2位3位の時に複勝期待値の低い厩舎ワースト30

日刊コンピ指数ランク3位の時に狙えない厩舎